食事の工夫で大腸がんを予防する|治療法と予防について考える

病棟

ニュース一覧

定期診察が大切です

男性

病気は早期に発見をし、未然に防ぐことが大切です。仕事が忙しくて検査をなかなか受けられない方は公共交通機関からのアクセスも容易な池袋クリニックを利用するといいでしょう。池袋クリニックで定期的な医療相談や診察を受けれることで体調不良などの変化を見つけることができ、健康的な生活を送ることができます。

View Detail

副作用が少ない治療

女性

人間が本来持つ免疫機能を回復又は高める治療法を免疫療法といいます。カギとなるのが白血球のリンパ球を活性化することです。人間は健康な場合にも、一日に何千個もの癌細胞が生まれていますが、免疫機能がそれを常に排除しています。それが何らかの原因でバランスが崩れると、病気になるわけです。

View Detail

早期発見がカギ

医者

食道がんは初期に治療を行えば、ほぼ100%根治出来ると言われているがんです。5年生存率は1期では約80%、10年生存率も1期であれば60%を超えています。喫煙している人やお酒をよく飲む人がハイリスクで、男性が女性の5倍の罹患率です。

View Detail

肛門がんも含まれます

医者

特有の症状はありません

大腸がんの原因は、遺伝的な要因によって発生する場合もありますが、食事の変化が原因の一つであるといわれています。動物性脂肪やたんぱく質の摂取量が増えたこと、そして、食物繊維の摂取量が減ったことが、腸内環境を悪化させています。そのため、大腸がんの発生率が上がっていると考えられています。大腸がんを予防するためには、食事を工夫する必要があります。食事内容を見直すうえで大切なことは、動物性脂肪やたんぱく質の量を減らし、食物繊維の量を増やすだけではなく、その内容を工夫することです。例えば、バターなどの動物性脂肪の量を少なくする代わりに、同じ量でもオリーブオイルなどの植物性脂肪を使用することが挙げられます。たんぱく質であれば、肉の代わりに大豆を摂ることで、食物繊維も同時に摂取することができます。

食事内容を見直します

大腸がんは、直腸がん、結腸がん、肛門がんをまとめて、大腸がんとよばれています。肛門がんは肛門にできるがんで、大腸ではありませんが、広い意味で大腸がんに含まれて考えられています。大腸がんは特有の症状がないことから、治療が遅れることがあります。暗赤色の血便に気が付かなかった、痔だと思っていたという人が多くいます。便の状態や排便時の異常など、いつもと違う症状があるときには、検査を受けて、必要であれば治療を開始するようにします。治療は、大腸がんを切除する方法で行います。初期であれば、内視鏡を使った手術を行います。大腸がんが深い部分に及んでいる場合には、腹腔鏡手術、開腹手術などを行います。また、抗がん剤や放射線治療を行うこともあります。